1 March - 31 May 2018

Li Hui

上海を拠点とする写真家のLi Hui氏はアナログの技法を使い、被写体の内面的な繊細さを表現する女性写真家です。常に実験的な方法を試して表現する彼女の作品はIGNANT、GUP Magazineなど世界中の多くのメディアに取り上げられています。奇抜な要素が多い中国の写真家とは異なり、彼女の繊細で内面的な作風は、世界から評価される理由の一つになっていると思われます。
これから精力的にコマーシャルも含めた写真活動をしていきたいと言っている彼女は、日本でも紹介したい今後の方向性が気になる写真家の一人です。

Shanghai based photographer – Li Hui, utilizes analog techniques to expose inner sensitivity of the subjects. Her expressive experimental artworks have been introduced on medias worldwide such as IGNANT or GUP Magazine. Unlike other Chinese photographers who have eccentric essences in their works, Li Hui’s delicate and emotional style is one of the factors that catch people’s eye all over the world.
As she mentions in her interview, Li Hui looks forward to push herself by taking up commercial works as well as continuing her artistic endeavors. She is one of the photographers we are delighted to be able to introduce in Japan. We are excited for her future development.

ENTER


Interview

—まずは写真を始めたきっかけを教えてください。

ネット上でポラロイドの多重露光の作品を見て、アナログ撮影の魅力に惹かれたことがきっかけです。それからフィルムカメラに興味を持つようになりました。撮影をこなしていくうちに、私の頭の中のイメージを具現化するために一番適している表現だということに気がつきました。


—Firstly, will you tell us how you started photography?

I first noticed the allure of analogue photography when I stumbled upon some Polaroid double exposures online. That was how I initially got interested in film cameras. Afterwards, I realized that this was the best way for me to make sense of all the images floating around in my head and actually turn them into something real.


—どこを拠点に活動をしていますか?

現在は杭州と上海を拠点に活動しています。


-Where are you currently based in?

I’m currently based in Hangzhou and Shanghai, China.


—今までの経験がどのように作品に影響を及ぼしていると思いますか?

私の内気な性格は作品に大きく影響を及ぼしています。作品は私の一部のようです。


—How do you think your past experiences influence your work?

I’m generally a shy person. My personality definitely influenced my work in a lot of ways. My work feels like a part of me.


—2009年にフィルムカメラを手にしたとのことですが、フィルムを選んだ理由とどのようなカメラを使用しているか教えてください。

フィルムは時に予測不可能です。見ているものをそのまま取ろうとしても、完全にどのように映るかはわかりません。作品が出来上がると、意外な発見もありますし、達成感もあります。フィルムで撮影することは、自分の作品を落ち着いて見返し、クオリティーを判断するすべを教えてくれました。最初はNikon FM2とPentax Spotmaticで写真と撮っていて、今はフィルムのCanon EOSと二種類のレンズで撮影をしています。


—You started shooting film in 2009, will you tell us why you chose film? What is the camera that you use often.

Film can be unpredictable. Even if you just take a picture of what you see, you don’t exactly know how it will turn out. So there’s an element of surprise and a greater sense of accomplishment. I think film gave me the opportunity to learn how to judge the quality of my work and how to calmly reflect on what I’ve been doing, as you always need time and patience for analogue photography.
I started shooting film with the Nikon FM2 and the Pentax Spotmatic. Currently, I'm using a Canon EOS film camera with two different lenses.


—絵画や音楽に影響を受けることが多いとのことですが、あなたの作品に大きな影響を及ぼした作品があれば教えてください。

今でも様々な作家を探っていますが、サンドロ・ボッティチェッリ、エゴン・シーレ、ルシアン・フロイト、ゲルハルト・リヒター、フェリックス・バロトンやデビッド・ホックニーには特に刺激を受けます。彼らの作る作品は見るたびに新しい発見のあるものばかりです。音楽も色々なジャンルのものをよく聞きます。フォークトロニカ、ネオクラシック、実験音楽など。でも、一番好きなのはアンビエントですね。これらの音楽はそれぞれ違うアイディアを思いつく機会を与えてくれます。私の想像しているものをさらに的確に、触れられるものに変える魔法を持っています。


—You have mentioned that you are often inspired by paintings or music. Tell us about the works have especially inspired your works.

I’m still exploring these days, but I’m especially inspired by Sandro Botticelli, Egon Schiele, Lucian Freud, Gerhard Richter, Félix Vallotton, and David Hockney. I can always find new details every time I look at their works.
I listen to all kinds of music, folktronica, neoclassical, experimental, but ambient music will always be my all-time favorite genre. Different music can help me realize different kinds of ideas. It has this magic power that allows my imagination to become something more specific and tangible.


—あなたの作品でよく使われている多重露光のテクニックは夢幻的な雰囲気を作っていて、とても興味深く思います。しかし、すべての作品には使われていませんよね。どのような時に、多重露光を使いますか?使うことによって、どのような効果があると思いますか?

多重露光は私の作品群の一部分に過ぎません。新しい可能性に常にオープンでいる姿勢を大事にしています。作品を見てくれた人に、私が次は何を作るのかを楽しみにしてほしいです。静物、親密なポートレート、風景、多重露光と色々なものを撮っていますが、自分にリミットを課したくありません。新しいことに目を向けることはとても楽しいです。
未知なるものに対してとても興味を持っていて、様々な角度から違う方法でこのテーマに取り組むことができると思います。

多重露光は頭の中にあるアイディアを視覚化したくて使うことが多いです。別々のイメージを重ね合わせ、互いに共存し、共鳴し合える。そのため、多重露光はなるべくシンプルに、自然でピュアに見えるように心がけています。このテクニックだと少し難しいアプローチですので、私にとってはチャレンジでもあります。


—We think your use of double exposure in your work creates an interesting surreal atmosphere, however you don’t use it in all of your photographs. What kind of intention do you have when using this method? What effect does it have?

I think double exposure is just one part of my body of work. I like to keep things fresh and open up new possibilities. I want to keep people guessing what I will do next – still life, an intimate portrait, a landscape, a double exposure. I don’t want to limit myself, and it’s exciting to look forward to something new. I have a general interest in the subject of the unknown, and I think there are a lot of different methods to look into this particular subject and explore it from different angles.

I usually shoot double exposures because I have these ideas suddenly pop up in my mind and I want to make them visible to other people. Even if two individual images are combined, they can harmoniously coexist and echo each other. So I prefer to let my double exposures appear simple, very natural and pure. And this is an unusual and somewhat tricky approach to this technique, so it’s also a challenge for me.


—あなたの写真には落ち着きと心地の良い湿度を感じます。被写体を選ぶ上での重要なポイントは何か教えてください。

どちらかというと感情を揺さぶる被写体に興味を持っています。人、動物、自然や静物においても、ピュアで自然な特徴が好きです。表面からは隠れている感情や語られていない物語を私は見たいです。


—Your works have a calm feeling and a comforting humidity to it. What are some points you are careful when choosing your subjects?

I’m interested in subjects that resonate with me emotionally, I love pure and natural characteristics in humans, animals, nature or still life. I want to look beyond, beneath the surface, and find hidden emotions or untold stories.


—過去に自身の作品について、Intimacy(親密さ)よりもSensitivity(繊細さ)を大事にしていると言っていましたが、そのSensitivityについて少し考えていることを教えていただけますか?

Sensitivity(繊細さ)はより被写体を注意深く観察することが要されていて、周りの物事を見る際にとても役立っています。また、この作業を通すことで、私なりの解釈で様々なトピックにアプローチすることができます。Sensitivityは様々なトピックに合わせることができますし、親密なショットに限られることはありません。


—In past interviews, you have mentioned that your works were not all about intimacy but more about sensitivity. Would you tell us more about what you think sensitivity is in your works?

Sensitivity allows for more subtle observation and makes it easier to experience everything that surrounds me. This, in turn, helps me approach every subject with my own understanding. Sensitivity can float around different subjects, it’s not restricted to intimate shots.


—好きな写真家はいますか?

私の祖父でしょう。彼はとても感情的で詩的な風景を撮っていて、私がどのような写真家になりたいかつくづく思い出させます。


—Do you have a favorite photographer?

I would say my grandfather. He took some very emotional and poetic landscape pictures that always remind me of what kind of photographer I want to be.


—日本に興味はありますか?

はい、とても。もっと頻繁に訪れたいですね、日本の空気と四季があることがとても好きです。日本人の方には今までとてもよくしてもらっています。この国は、たくさんの驚きが隠されていると思います。とても多様的で好きです。


―Are you interested in Japan?

Very much. I'd love to go to Japan as often as possible, I really like the air and the feeling of the different seasons. Japanese people have always been super nice to me all these years. The country offers a lot of surprises that are just waiting to be found. It’s very diverse, I like that.


―中国の写真家でおすすめな方がいれば教えていただけますか?

残念ながら、あまり中国の写真家を知らないので、答えることができません。


―Would you recommend a Chinese photographer you are interested in?

I don’t specifically look for photographers from China, so I’m afraid I can’t recommend anyone in particular.


―あなたの撮る作品はとてもパーソナルですが、コマーシャルワークを引き受けることはありますか?また、日本で仕事をやる機会があれば興味はありますか?

今年はもっとオープンになろうと思っていて、今までやっていなかったコマーシャルの仕事も引き受けていきたいと思っています。新しいことに挑戦してみたいです。
日本で仕事をすることは非常に興味を持っています。常に日本とは縁を感じていて、日本の映画もたくさん見てきました。私の能力をさらに伸ばすためにも、新しい環境に行ってみたいです。


―Your artworks are very personal, but have you ever taken up commercial works? Would you be interested in taking up a photography job here in Japan if you have the chance?

This year, I changed my mind on that topic, I’m trying to be more open to the world around me and I decided to take up commercial works as well. I always like a challenge, so that would be a good way for me to prove myself.
A photography job in Japan would be especially fascinating. I always feel a connection with the country, as I’ve been watching so many Japanese movies over the years. I would like to further develop my abilities and challenge myself in a new environment.

Li Hui
Li Hui は中国の上海を拠点に、国際的に活躍する写真家。2009年に彼女の繊細な性格や感情を表現することを試みてから写真を独学で始める。映画、音楽、自然や身体と様々な場所から影響を受け、他の作家にはない独特な視点で作品を作っている。通常は見落としがちな親密な関係性のディティール、複雑な人間性への畏怖に注目し、光と影を巧みに使いながら人と自然の間の親密な関係性を浮き彫りにするスタイルも彼女の代名詞である。作品は世界中のメディアで取り上げられ、展示や写真集の出版も精力的に取り組んでいる。

Li Hui
Li Hui is an international photographer currently based in Shanghai, China. She started trying to express her feelings through her sensitive personality since 2009. Mostly influenced by cinema, music, nature and human body. She focuses on visible but easily overlooked intimate details, observing and maintaining this awe of human nature and complexity. Through light and shadow, the focus is on the intimate relationship between human and nature that becoming her instantly recognizable style. Her work has been featured in a number of publications, and has exhibited and published several photography books with her own works.