1 September - 31 October 2018

Jill Beth Hannes

LA在住の写真家ジル・ベス・ハネスはフィルム撮影にこだわり、映画的で夢の中のような場面を捉えて作品にします。自らの人生を反映させたというシリーズ「The Strange Women」からの作品を中心に28点をご紹介します。
  
アーティストステイトメント:
「The Strange Women」は、2010年にアルコールを絶った時から始まった 現在進行形のプロジェクトです。私は、アイデンティティーという概念と私自身のアイデンティティーに深く苦しんでいました。私が踏み入ろうとしていた未知の世界への恐怖こそが、私が捉えたいと思うものでした。孤独、混乱、怒り、そして憧れ。それぞれのイメージは捉えどころがなく映画的です。新しい人生を始める前のちょっとした休息なのです。このシリーズにおける私の意図は、自分が経験し そして未だに自分自身を探求し続ける中で感じる恐怖や脆弱な感情を、鑑賞者に伝えることです。          ージル・ベス・ハネス

LA based Photographer Jill Beth Hannes loves shooting films and her works are cinematic and dream-like. We will introduce 28 works, mainly from her latest series "The Strange Women" that reflects her own life.
 
Artist Statement:
 "The Strange Women" is an ongoing personal project started in 2010 while becoming sober. I struggled greatly with the concept of identity and my own identity. Fear of the unknown world that I was about to enter into was something that I wanted to capture. The feeling of isolation, confusion, anger, and longing to belong. Each image is haunting and cinematic. Life on pause for just a moment before beginning a new. My intention for the viewer is to relate to the feeling of fear and vulnerability I felt and still do as I journey through self discovery.  - Jill Beth Hannes
 

ENTER


Interview

-まず、写真を始めたきっかけを教えていただけますか?

 写真を撮り始めたのは小学生の時です。ハワイの小さな学校へ通っており、そこでは学校全体で1年間一緒に1冊の本を製作しました。文章を書く子供達もいたし、カメラを与えられて撮影をする子供達もいました。私は小さな使い捨てカメラをもらい、その時から写真をやめられません。高校生の時は、祖父が私にくれた古い35ミリのミノルタで友達みんなの写真を撮りました。その後サンフランシスコにあるAcademy of Art Universityに入学し、2010年に卒業しました。

- Firstly, will you tell us how you started photography?

 I started taking photographs when I was in elementary school. I went to a small school in Hawaii and one year the entire school worked together on creating a book. Some students were given writing assignments and some were given cameras. I was given a small disposable camera and I haven’t stopped photographing since. I took photographs throughout high school of all my friends with an old 35mm Minolta my grandfather gave me. I attended the Academy of Art University in San Francisco and graduated in 2010.


-写真家としての現在の活動の拠点はどこですか?

 現在はロサンゼルスに暮らし制作しています。

- Where is the main base of your current activity as a photographer?

 Right now I’m located in Los Angeles.


-あなたの作品制作におけるインスピレーションは何ですか?

 全てのことがインスピレーションになります。通りを歩いて人を観察したり。人混みの中座って人を眺めたり。古い映画も見ます。以前、パリの地下鉄である年をとった女性を見ました。1970年代と思われる黄色い洋服を着ていて、髪も同じ黄色でした。彼女は地下鉄の黄褐色の座席の前に立っていて、少し寂しそうに見えました。今でも彼女のことをしばらく考えたりしているので、そのうち彼女をイメージした作品を制作すると思います。

- What is the source of inspiration for your photography?

 Everything becomes a source of inspiration. Walking down the street and observing people. Watching people sitting in traffic. Old movies. I once saw a woman on the subway in Paris and she was an older woman. She was wearing this yellow outfit from the 1970s. Her hair was the same color yellow as her clothes. She barley stood out against the tan subway seats and she looked a bit sad. I’ve been thinking about her for awhile and will soon create an image based on her.


-「The Strange Women」というタイトルにはどういった意味が込められていますか?またなぜこのシリーズを撮ることになったのかきっかけを教えてください。

 アルコールを絶つと決めた時、このシリーズを始めました。私は自分自身についてよく知り、自分の新しい部分を探している最中でした。自分が知らない人間のような気がして、毎日新しい誰かになれるような気がしていました。それが「The Strange Women」の由来です。

- Is there any specific meaning put into this title “The Strange Women”? Please tell us how you started this series?
 
 I started this series when I stopped drinking alcohol. I was learning about myself a lot and finding new things about myself. I felt like a stranger and every day I could be someone new. That’s where Strange Women came from.


-「Strange Women」にはセルフポートレートも含まれていますか?また登場する女性たちは皆あなたのお知り合いのなのでしょうか?

 半分はセルフポートレイトで半分は友人達です。Strange Womenは当初はセルフポートレイトのみで構成されていましたが、周りにいる他の女性達も同様の性質や性格を持っているのだということにある時気がつき、彼女達との撮影を始めました。

- Does “Strange Women” series contains self-portraits? Also, do you have personal acquaintance with all the woman appears in this series?

 Half are self-portraits and half are friends. Strange Women was only self-portraits in the very beginning but I began to notice other people around me with similar personality traits and qualities that I connected with and started shooting others from then on.


-上記シリーズを始め、女性を被写体としている作品がほとんどのようですが、女性を撮ることへのこだわりには何か理由がありますか?

 どのイメージにおいても、私は自分の物語を伝えています。私は自分自身を女性であると特定し、私自身の話を伝えるのに女性を起用します。男性を撮影することにもオープンではいますが、まだ始められるようなコンセプトが準備できていません。

- Including the above series, the subjects of your works are mostly women, but is there any reason why you are committed to taking women?

 With each image I’m telling my story. I identify as a women and so in telling my story I use women. I am open to shooting male-identified people but I haven’t had a concept yet that I’m ready to start.


-お子さんがいらっしゃるそうですね。作品の中には赤ちゃんを抱く女性の姿もありますが、ご自身とお子様でいらっしゃいますか?ちなみに、こうした自分の人生におけるイベントや経験等を作品に反映することはありますか?

 そうです、私の赤ちゃんです!1年ほど前に出産しました。私の作品は私の人生を直接反映しています。私は、自分の伝記をまるで今まさに起こっている出来事かのように見ているのです。

- It seems that you are a mother of a baby. In some of your works, there is a figure of woman holding a baby…is that yourself and your own child? Incidentally, do you reflect your life-events or experiences in creating your works?

 Yes, that’s my baby! I had a baby a little over a year ago. My life is a direct reflection of my work. I look at it as if I’m photographing my biography as it’s happening.


-作品制作において、最も重要と考えていることは何ですか?

 私は本物になりたいと思っています。自分自身にも自分の物語に対しても真実でありたいのです。それは私たちが持っているもの全て…自分自身の物語、そして願わくば、芸術家や人々のそこから学び成長することのできる物語をみんなで共有できたらいいです。

- What it the most important thing to you in producing works?

 I want to be authentic. I want to be true to myself and my story. That’s all we have… our stories and hopefully from artists, people, everyone sharing our stories we can learn and grow.


-使用しているカメラ機材にこだわりはありますか?

 特にありません。私はフィルムでの撮影が好きです。最も居心地が良いと感じるからです。写真を学び始めたきっかけでもありますし、またほとんどの作品がきちんと計画され熟考されたイメージであるにも関わらず、私は写真撮影の瞬間が大好きで、それをフィルムが可能にしてくれるのです。

- Do you have any particular preference regarding cameras (equipments) you use?

 Not really. I love shooting film. Mainly because that is what I’m most comfortable shooting. It’s how I learned photography. Also, even though most of my images are planned and really thought-out I love being in the moment while photographing and film allows me to do that.


-自身の作品に影響を与えたアーティストやフォトグラファーはいますか?

 Mary Ellen Markは多大なインスピレーションです。彼女の作品を初めて見たとき、私の中に火が着き、それがまだ消えていません。Jeff Wallからも大きな影響を与えてもらいました。Sally Mann、Cindy Sherman、 Nan Goldin、 Susan Sontagの著書、 Stanley Kubrick、そして映画「こわれゆく女」もそうです。

- Is there any artist or photographer that has inspired your works?

 Mary Ellen Mark is a huge inspiration. When I first saw her images it sparked this fire in me that hasn’t ever disappeared. Jeff Wall is another huge source of inspiration. Sally Mann, Cindy Sherman, Nan Goldin, Susan Sontag’s writing, Stanley Kubrick and the film “A Woman Under the Influence.”


-日本に興味はありますか? 知っている日本人アーティストはいますか?

 もちろんです!義理の姉妹と彼女の夫は今沖縄に住んでいて、彼らを訪問するのが楽しみです。森村泰昌や杉本博司のポートレイトが大好きです。

- Are you interested in Japan? Any Japanese Artist you know?

 Absolutely! My sister-in-law and her husband are currently living in Okinawa and I’m really excited to visit them soon. I really love Yasumasa Morimura and Hiroshi Sugimoto’s portraits.


-今後あなたの作品はどのようになって行くのでしょうか?何か今考えている新しいプロジェクトはありますか?

 これからもStrange Womenは撮っていくと思います。また、不安を論じるような「Nosebleed(鼻血)」という新しいシリーズも始めています。Strange Womenと並行して、ショートフィルムの制作もいくつかできたらと思っています。

- Where would you like to see your photography in the future? Any new project you have in mind now?

 I think I will always be photographing Strange Women. I’m starting a new series now titled “Nosebleed” that will be discussing anxiety. Hopefully I will be shooting some short films to go along with Strange Women soon.

Jill Beth Hannes
 ハワイ・ホノルル生まれの写真家 ジル・ベス・ハネスは、米サンフランシスコのThe Academy of Art Universityにて写真を専攻し2010年にBFA(学士)を取得。小学生の時、授業のプロジェクトでインスタントカメラを与えられたことがきっかけで、写真を撮り始めた。彼女ほとんどの作品は個人的体験に基づいて制作されている。 2015年にD&AD社のネクスト・フォトグラファー・アワードの選抜候補となり、2017年にはFotoFilmicのSolo Exhibition Awardを受賞。また、彼女の作品は、GUP, VICE, The Wild Magazine, Schön, The Photographic Journal and Contributorなどを含む、世界中の出版物に取り上げられている。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住し作品制作している。

Jill Beth Hannes
 Born in Honolulu, Hawaii. Graduated from The Academy of Art University in 2010 with a BFA in photography. She started taking photographs in elementary school when she was given a disposable camera for a class project. The most images of her works stem from a personal experience. In 2015 she was shortlisted for the Next Photographer Award by D&AD, and in 2017 received Solo Exhibition Award by FotoFilmic. Her work has been published in publications around the world including GUP, VICE, The Wild Magazine, Schön, The Photographic Journal and Contributor. She currently lives and works in Los Angeles, California.