1 January - 28 February 2019

Ronghui Chen

 上海を拠点に活動している中国人写真家チェン・ロンフイ氏は、社会問題に大きな関心をを持つことで知られ、中国の環境や都市化の問題を取り扱った作品を発表しています。彼の作品は、中国の地方都市の今を伝えているというだけでなく、作品として力強い印象を放ち普遍的な魅力をも感じられます。
 この度は、そんなチェン氏の作品をぜひ日本の皆様にもご覧頂きたく、彼のノンフィクション写真シリーズ「Freezing Land」より44点、「Christmas Factory」より8点、をご紹介させていただきます。下記インタビュー記事も合わせてお楽しみくださいませ。

 Shanghai based Chinese Photographer Ronghui Chen, known to be concerned with the social issues, has been publishing works regarding environment and urban landscape in China. His works tell us not only the reality of shrinking city in China but also give us the strong impression and you feel fundamental beauty in them.
 Here, we would very much like to introduce his works in Japan; 44 works from the series "Freezing Land" and 8 works from the series "Christmas Factory". Hope you all enjoy his works and his interview article below as well.

ENTER


Interview

– まずはじめに写真を始めたきっかけを教えていただけますか?

私は、中国の麗水市(リーシュイ市)というとても小さな町の出身です。高校生の時、麗水市が写真ミュージアムを建設しました。そこで私は初めて大判カメラを見たのです。暗い布で覆われて真っ暗な感覚と、フォーカススクリーンを通して捕らえた別世界をはっきりと覚えています。私はそこに映った非常に正確で詳細な像を見ているうちに、深く心地よく感じました。残念ながらそこにフィルムがなかったので、このカメラを使って初めての撮影をすることはできませんでしたが、まるで昨日のことのようにこの経験を覚えています。
後に大学に入学し、私はジャーナリズムを専攻しました。学校のプログラムでは、写真に関するコースはあまり提供されていませんでしたので、私が写真について学んだほとんどの知識は、主にインターネットからのものでした。私はさまざまな美術館、ギャラリーなどのウェブサイトや、オーガスト・サンダー、ウォーカー・エヴァンス、ジョエル・スタンフェルドのような写真家のウェブサイトに行って、様々な素晴らしい作品を見ました。そして私は疑問を持つようになりました…写真撮影とは何なのか?写真家が自分の作品を通して自分自身を表現するとは?良い写真とは何か?好きな写真家は誰か?そしてなぜ好きなのか?これは私が今後10年間、あるいは私の人生をかけてやりたいことなのか?同時に私の好奇心は揺さぶられ、そのようにしていつも新しい知識は得られるのです。これらの写真家がどのように世界を観ているのかを実践で学ぶことで、写真を続けていこうという決意がいっそう固まりました。

- Firstly, will you tell us how you started Photography?

I came from a very small town called Lishui in China. When I was in high school, Lishui government built a photography museum, from where I saw a large format camera the very first time. I remember feeling completely dark in the dark cloth and the world I captured through the focus screen is very different. I felt deeply out of place while seeing those extremely precise details I ever see. Unfortunately, I was not able to get my first shoot using this camera since there’s no film in it, but I remember this experience all just like yesterday.
Later when I went to college, I studied Journalism. My school program didn’t provide many courses on photography. Most knowledge I learnt on photography mainly came from the internet. I went to websites of various museums, galleries as well as photographers like August Sander, Walker Evens and Joel Sternfeld to see different great works. I started thinking questions like; What is photographing? How photographers explain themselves through their work? What is a good photo? Who is your favorite photographer and why? Is this what I want to be doing in the next 10 years or even my entire life? My curiosity was driven at the same time and that is always how the best new knowledge is discovered. Learning how these photographers observe the world by practicing and being more determined on photography.


-写真家としての現在の活動の拠点はどちらですか?

通常は上海で報道写真家として仕事をしています。従ってほとんど上海で過ごしています。しかし、私の創造は中国の様々な場所で行われていて、道中での撮影も好きです。今は主に中国の北東部で活動しています。

- Where is the main base of your current activity as a photographer?

I am currently working in Shanghai as a media photographer. So I spend most of my time in Shanghai. But my creations are mainly in various places in China, and I like to shoot on the way. Currently mainly in the northeast of China.


- あなたの写真制作におけるインスピレーションは何ですか?

詩や文章が好きで詩人になろうかと思ったこともありました。詩や文章を読むことで、表現したいという情熱が湧きました。そしてついに私は、写真が私にとって、自分の詩を視覚化することができる非常に特別な方法であることに気がつきました。なんと素晴らしい方法でしょうか。
ですから、休憩していようが道中で撮影していようが、私はいつも詩を読むことが好きであり、そこには多大なインスピレーションがあります。

- What is the source of inspiration for your photography?

I once thought of being a poet who has always liked poetry and prose. Reading poetry and prose has given me a long-standing desire to express. Finally, I found photography to be a very special way, I can visualize my poetry. What a wonderful way.
So, whether it's taking a break or shooting on the road, I always like to read poetry and there will be a lot of inspiration.


- 作品制作において最も重要だと考えていることは何ですか?

私にとって作品は、自分自身の個人的な経験を伝えてくれるものであって欲しいと願っています。しかし、経験というのは多くの人々との共通の記憶や体験に基づいています。私は、より多くの人々が私の作品によって、繊細な詩文や現実世界の残酷さを感じることができればと願っています。

- What it the most important thing to you in producing works?

For me, I hope that my work can convey a personal experience of my own, but this experience is based on the common memories or experiences of many people. I hope that my work will allow more people to feel the subtle poetry and cruelty of the real world.


- 「フリージングランド」の写真シリーズについて教えてください。

私のプロジェクト「フリージングランド」は、中国東北部の田舎町で、またはその道中で撮影した、風景とポートレイトの写真シリーズです。これは、中国東北部の沈みゆく町とそこに暮らす淋しい若者たちの物語でもあります。
私は中国南部の暖かい場所で育ったため、北の凍える大地に憧れを抱いていました。私は、中国の衰退していく東北地方を舞台にした「呼蘭河物語」と呼ばれる小説に夢中でした。何年もの間、私は本の中で叙述されているシーン、氷と雪が独特のキャラクターと絡み合った場面を想像することができませんでした。ついに私は仕事で北東を訪れる機会を得、大判カメラを荷物に詰め込み、いつも夢見ていた凍った大地に飛び発ちました。
北東部はかつて、ロシアと北朝鮮に接する中国の最も豊かな地域でした。ソビエト連邦のおかげで、重工業を発展させ、何年も繁栄し続けました。この土地は中国の共産主義のルーツと権威主義を表していました。しかし現在では、都市が縮小し人口が減少する中国で最も景気の悪い土地になっています。一方、中国の胡錦涛国家主席は、「チャイニーズドリーム」というキャンペーンを開始しました。しかしこの政策は、かつて繁栄していた東北地方に住む若者たちにとって、どんな意味があるのだろうか?今日の中国北東部は一体どうなっているのか?私は自分自身で確かめるため出発しました。

-Please tell us about your photographic series “Freezing Land”?

My project Freezing Land is a series of photos made, on the road, across northeastern China’s countryside that mixes landscape photography with environmental portraits. It is a story about the shrinking cities in northeastern China and their lonely young people.
I grew up in southern China with warm weather, therefore I long for the freezing environment in the north. I’m obsessed with a novel called Tales of Hulan River, which is about the declining northeastern region of China. For years, I couldn’t shake the scenes described in the book, a scene of ice and snow intertwining with peculiar characters. Finally, I got the chance to travel to the northeast for a media assignment. I packed my large format camera and flew to the freezing land I’ve always dreamt of.
The northeast was the wealthiest area in China, bordering Russia and North Korea. With the help of Soviet Union, it developed heavy industries and stayed prosperous for years. This land represented China’s communist roots and authoritarianism. But now, it has become the most recessionary land in China, with shrinking cities and declining population. Meanwhile, Chinese President Xi Jinping started a campaign for the “Chinese Dream.” But what does this mean to the young people living in the northeast, the once prosperous land? What’s the story of today’s northeastern China? I set out to see for myself.


- これらのシリーズ作品を通して鑑賞者に伝えたいことは何ですか?

まず始めに、皆様に私の作品を観ていただき、上海や北京・成都とは異なる中国北東部の背景を理解していただきたいと思っています。次に、私の作品は、中国の若者の苦境、そして特にモバイルインターネットの発達を伝えています。多くの若者が自分の世界で孤独に生きています。私は、たくさんの日本の方々にも共感をしていただけると思っています。

-What messages do you want to convey to viewers through these images?

First of all, I hope that everyone can see my work and understand a different China, not Shanghai, not Beijing, or Chengdu, but the story of Northeast China. Secondly, my work is also conveying the predicament of the Chinese young people, especially the development of the mobile Internet. Many young people live alone in their own world. I think the Japanese audience will have a lot of resonance.


-社会問題に非常に興味をお持ちのようですが、ドキュメンタリー的な写真作品にこだわる理由は何かありますか?

私は大学時代にラジオやテレビのジャーナリズムを学んだので、社会現象については深く理解していると思います。一方、私はスタジオではなく、道中で作品を撮影するのが好きです。ですから、私が道を歩くことを選ぶとき、私は多くの社会現象を見て、それらの社会問題を撮影するアイデアを得ます。しかし本質的には、これらの社会問題は私と個人的に深い関わりを持っているのです。

-You seem to have great interest in social issues, but do you have any specific reason to why you are committed to documentary photographs?

On the one hand, when I was in college, I studied radio and television journalism, so I have a deeper understanding of social phenomena. On the other hand, I like to shoot works on the road, not in the studio. So when I choose to be on the road, I will see many social phenomena, and I will have the idea to shoot these social issues. However, in essence, these social issues have a very deep relationship with me personally.


-使用しているカメラ機材にこだわりはありますか?

私は8×10の大判カメラとカラーフィルムを使用します。私は大判カメラが私に見せてくれる世界が本当に好きです。大判カメラによって、私は世界を観察する際に一定の距離を保つことができます。大判カメラはレンズを通して非常に静かに 外の世界を体験させてくれます。一方で、私はカラーフィルムを使うことも好きです。私は色彩が非常に魅力的に物語を伝えることができると考えています。

- Do you have any particular preference regarding cameras (equipment) you use?

I use an 810 large format camera and color films. On the one hand, I really like the way the large format camera brings me to observe the world. I can keep a certain distance to observe the world. Let me go through the lens very quietly to experience the outside world. On the other hand, I like to use color films, I think color can also tell the story, very charming.


-自身の作品に影響を与えたアーティストやフォトグラファーはいますか?

私はアメリカの写真家ウォーカー・エヴァンスやジョエル・スタンフェルド、アレック・ソスが好きです。一方で、彼らの写真作品は現実の世界に基づいていますが、同時に現実世界で謎と詩を模索しています。

- Is there any artist or photographer that has inspired your works?

I really like the American photographer Walker Evens and Joel Sternfiled and Alec Soth. On the one hand, their photographic works are based on the real world, but at the same time they are looking for mystery and poetry in real life.


-日本に興味がありますか?知っている日本人アーティストもしくは写真家はいますか?

日本には常に興味を持っています。文化的側面からすると、中国と日本はお互いに多大な影響力を持っています。日本の写真家はたくさん知っています。荒木経惟氏や志賀理江子氏、植田正治氏などです。

- Are you interested in Japan? Any Japanese Artist or photographer you know?

I keep a curiosity about Japan. From a cultural perspective, China and Japan have a profound influence on each other. I know a lot of Japanese photographers like:Nobuyoshi Araki,Lieko Shiga,Shoji Ueda.


-今後やってみたいことや、すでに考えているプロジェクトなどがあれば教えてください。

上海についての話を伝えたいと思っています。上海にはもう3年暮らしていますが、ここで写真撮影はほとんどしていません。しかし、ここを去らなければならないかもしれませんので、撮影をしたいと考えています。これは内なる欲望のからの衝動なので、私はこのシリーズを「上海の情熱」と呼んでいます。また810の大判カメラを使用して、すでに撮影を開始しています。

- Please tell us if you have something you want to do in the future or any project you already have in mind.

I want to tell a story about Shanghai. I have lived in Shanghai for 3 years, but I have been shooting out and rarely photographed Shanghai. But because I may have to leave here, I really want to shoot here. This is an inner desire drive, so I want to call this series Shanghai Desire. Still shooting with an 810 large format camera, I am already shooting.

チェン・ロンフイ
チェン・ロンフイ(b.1989)は中国/上海に拠点を置く写真家・作家です。社会問題に非常に関心が深いことで知られる彼は、長期に渡り中国の都市化と個人の経験との関係に焦点を当ててきました。を研究することに注力してきました。彼のファースト写真集「Chen Ronghui」は、中国に置けるコンテンポラリー写真集の代表的な一冊となっています。彼のプロジェクトは、ワールドプレス写真賞、スリーシャドウ写真賞、ALPA特別賞、ホー・デンケ・ドキュメンタリー写真賞など数々の賞を受賞しています。

Ronghui Chen
Ronghui Chen (b.1989) is a Chinese photographer and storyteller based in Shanghai, whose work focus on China’s urbanization in long-term projects. He has devoted himself to the study the relationship between China’s urbanization and individual’s experiences. Known for his specific interest in these social issues, he had published his first collection of photographs named ”Chen Ronghui”, which is one of the book among China’s Contemporary Photography Catalog. His projects have brought him many awards, including World Press Photo prize, Three Shadows Photography Award & ALPA special prize and Hou Dengke Documentary Photography Award.   http://ronghuichen.com/