1 March - 30 April 2019

HART+LËSHKINA

LA在住の二人組ヴィジュアル・アーティスト ハート+レシュキナ は、2013年より共同制作を始め、アート、ファッション、広告など様々なジャンルで活躍しています。彼らの作品は、写真だけに留まらず、映像やインスタレーション、彫刻、そして印刷物など様々な分野に及んでいます。この度は、彼らが自己表現・主観性・記憶などをテーマに制作した写真作品群の中から、現在プロジェクト進行中のものも含む、アーティスト自らのセレクションによる20点をご紹介いたします。ハート+レシュキナの独特な世界観をどうぞお楽しみください!
 
「今回の展覧会作品は、最近のプロジェクトや過去のもの、また現在進行中のプロジェクトからのセレクションとなっています。これらの作品は、私たちが作品制作をする中で探求している、アイデンティティ・記憶のゆがみ・構築された現実・親密さを、個別にそして集合的に表現し反映しています。」
- ハート+レシュキナ

LA based visual art duo, Hart+Lëshkina has been collaborating together since 2013. Their work exploits the various worlds of art, performance, fashion, and commerce, and spans the fields of photography, moving image, installation, sculpture, and printed matter.
Here we introduce 20 images of their own selection including some works from their recent ongoing project. 
 
"This selection of work represents a brief overview of recent, past and ongoing projects. The images individually and collectively represent and reflect on core themes that we explore in our work, speaking to the ideas of transience, identity, constructed realities, distortions of memory, and intimacy.”  - HART + LËSHKINA

ENTER


Interview

- まずはじめにヴィジュアルアートデュオ“HART + LËSHKINA”について教えていただけますか?
 
私たちの作品は、親密かつ刺激的で、わずかに歪んだ現実のようなものだと言えるでしょう。私たちが作品制作において探求しているテーマは、儚さ・主観性・記憶・自己表現 そしてアイデンティティの構築です。
 
- Firstly, will you tell us about the visual art duo "HART + LËSHKINA"?
 
Our work can be described as intimate, evocative and a slightly dislodged version of reality. Some key themes that we explore in our work are transience, subjectivity and memory, self-representation and construction of identity.
 
- 写真家としての現在の活動の拠点はどちらですか?
 
私たちは今ロサンゼルスで生活しています。ここには1年ほど前にニューヨークから引っ越してきました。仕事のために各地を転々としていたので、どこか静かで自然のある場所に住みたいと思ったのです。今はビーチの近くに住んでいます。ここはとても刺激的な街だとも思っています。LAはとても現実離れしたところがあって、私たちに身体的にも精神的にも満たされる空間を提供してくれます。
 
- Where is the main base of your current activity?
 
We live in Los Angeles. We moved back here a little under a year ago from New York, after realizing that we spend most of our time traveling for work and would like to come home to somewhere quiet and in close proximity to nature, so now we live by the beach. We find the city very inspiring; Los Angeles can be quite surreal and gives us both physical and mental space to fill.
 
- お二人はどの様にして出会い、何がきっかけで一緒にお仕事を始められたのでしょうか?
 
私たちはお互いの作品をネット上で発見したことから出会いました。当時、一人はロンドン、一人はLAに住んでいましたが、この偶然の出会いから共同制作を始めたのです。私たちは、作品制作において似たような興味・関心を持っていましたので、次第にデュオで仕事をするようになりました。様々な状況で作品制作をし、私たちの芸術の実践をしています。ファッションやライフスタイル等のクライアントの場合、編集や広告やフィルム撮影の依頼も受けます。
 
- How did you meet each other and what made you work together?
 
We met through discovering each other’s work online and then started collaborating when our paths crossed (one of us living in London, and the other in LA at the time). We had similar interests and concerns we wanted to explore in our work and eventually we decided to start working as a duo. We work in different contexts, and have our art practice, and then we also do editorial and advertising photography and film commissions for fashion and lifestyle clients.
 
- 作品制作において、それぞれの役割がありますか?
 
役割分担はありません。私たちは作品創造のプロセスの各部分を常に一緒に取り組んでいます。
 
- Do you each have your own role in producing artworks?
 
We don’t divide our roles, we work on each part of our creative process together in unison.
 
- 二人組で活動することで、仕事のプロセスや作品に何か違いがありますか?
 
私たちが生み出す作品は特異なビジョンであり、私たちがアイデアをどのように認識し、探求し、構築するかは、互いの共通の考え方から成り立っています。
 
- How does being a photography duo change your process of working or the works you create?
 
The work we produce is a singular vision and is comprised of a shared perspective on how we perceive and explore and construct ideas.
 
- お二人の作品制作におけるインスピレーションは何ですか?
 
あえてインスピレーションという言い方はしませんが、始点のようなもはあると考えています。私たち自身がどのように認識し解釈しているのかが全てです。行き交う人々の表情、香りや音に敏感になり、何気なく歩いている場所を意識し、細部に注意を払うこと、これらが全く新しい視点を切り開いてくれるのです。私たちの意識や制作プロセスの外側には、純粋な感情、そして主題との間に生まれるエネルギーのようなものがあります。これは微妙なものなのですが、実現すべき作品の枠組みを形成するのです。
 
- What is the source of inspiration for your photography?
 
We wouldn't call them references or inspirations but rather starting points, which all sound quite mundane when you list them but it’s all about how we perceive and interpret them. Seeing a face pass by us, a scent, a sound, walking consciously around areas we walk through daily to recognize the minute details which you normally don’t pay attention to, or even simple conversations can sometimes be profound and help you realize the most obvious things which can open up entirely new perspectives. Outside the conscious and constructed elements of our process there is something, which exists purely on emotion and interaction and the energy, and dynamic we create between us and our subject. This is a nuanced facet of the process, however it creates the framework for the work to be realized.
 
- 作品制作において、最も重要と考えていることは何ですか?
 
それは、一つの概念や説明では表せない何かを産み出すことです。もし、すべてが鑑賞者に対してすでに解明されており、一目見ただけで定義または区分化できてしまうとしたら、それは私たちにとっては決して面白いことではありません。私たちの作品はしばしば分極化することがあり、同じ作品において、異なる人々がそれぞれ違った反応をしてくれると非常に嬉しくなります。その反応を見ると、個々の鑑賞者が作品に投影しているものが明らかになる傾向があるので、私たちにとっては大変興味深いのです。
 
- What it the most important thing to you in producing works?
 
It’s creating something that can’t be reduced to a single concept or description. It is not interesting to us if everything is already resolved for the viewer and can be defined and compartmentalized at a first glance. Things about photography that we find most intriguing are its capacity to alter reality and memory, its relationship to truth and fiction. It's poetics, its physicality, its ability to be easily reinterpreted depending on the context and format it is placed within. The dynamics between the subject, the camera, the photographer/s, and the viewer. We find that our work can often be polarizing, which excites us when we see how different people can perceive the same image with such varying reactions. This is when things get very interesting to us as the response often tends to reveal so much about the individual viewer and what they are projecting on to the work.
 
- 今回の展覧会でご紹介いただいた作品のことを教えてください。
 
この展覧会は、3つの別々のシリーズからのセレクションで構成されています。私たちは、編集や再編、再コンテキスト化の方法に応じて、いつもイメージがどのように解釈されるのか、どんな新しい層や意味を想定できるかということが、非常に興味深いと考えています。この展覧会の作品は、アイデンティティーの構築、親密さ、記憶のゆがみを取り巻くテーマを探求しています。この展覧会のために、シリーズ“Beyond the Clouds”から数点、現在進行中でまだタイトルは付けられていない作品が数点、また新しくリリースされたフォトブック、“Out Of You”から数点をセレクトしています。
 
- Please tell us about your works for this exhibition.
 
This exhibition is comprised from a selection of photographs from three separate bodies of work. We always find it interesting how images can be reinterpreted and how they can assume new layers and meanings depending on how they’re edited, re-grouped and re-contextualized. These works explore themes surrounding the construction of identity, intimacy and distortions of memory. The images in this exhibition came from Beyond the Clouds, a new series which is on going and not yet titled, and also from our newly released body of work and photo book titled Out Of You.
 
- 日本でお仕事をされた経験があるようですが、日本のクリエイターに関してどう思われますか?また今後も日本でのお仕事に興味がありますか?
 
はい、私たちは日本でかなりの時間を過ごしただけでなく、面白く刺激的なアーティストやクリエイティブな方々とのコラボレーションや出会いも経験しました。日本のクリエイターに関しては一般化はしない方がいいでしょう。ほとんどの人が独自の見方や作品の作り方をしているからです。日本は私たちにとって、常にたくさんの魔法を有する場所であり、私たちの心はいつも日本へ開かれていると感じています。
 
- It seems that you have worked in Japan before, but what do you think about the Japanese creators and are you interested in working in Japan again in the future?
 
Yes we have spent a fair amount of time in Japan as well as collaborating and meeting some interesting and inspiring creatives and artists. We prefer not to make a generalization about Japanese creators as most have their own unique way of seeing and creating work. Japan has always been a place that holds a lot of magic for us and our minds feel open in that space.
 
- 使用しているカメラ機材にこだわりはありますか?
 
私たちにとって、カメラは単なるツールであって、写真作品を創り上げるものではありません。私たちのものの見方、経験、状況設定が作品を創っているのです。私たちは主にアナログの写真家で、いつもフィルムで撮影してきました。フィルムは、常に自然で、私たちが知覚している質感や色により近いものが出せると感じてきました。最近は、より親密な雰囲気を出せる35mmカメラでもっと撮りたいと思っています。従って、私たちの作品制作のプロセスの大部分は、プリントや編集をしている暗室での作業になります。
 
- Do you have any particular preference regarding cameras (equipment) you use?
 
For us the camera is just a tool, it does not make the picture. How we see, experience, and construct situations is what makes our work. With that being said we are primarily analogue photographers and have always shot film. It is something for us, which has always felt natural and closer to how we perceive texture and color. Lately we prefer to shoot more 35mm as it feel a bit more intimate and also lacks the generally beautiful facade that medium format has. Additionally a big part of our work and process happens in the darkroom when we are printing in the lab and editing the work.
 
- 今後やってみたいことや、すでに考えているプロジェクトなどがあれば教えてください。
 
今いくつかのプロジェクトを同時進行しています。今年行うプロジェクトの一つはフィルムベースで、また別のプロジェクトは出版・展示会関係です。
 
- Please tell us if you have something you want to do in the future or any project you already have in mind.
 
We always working on several projects at the same time, this year one of the projects we are focusing on is film based, the other is a publication/exhibition.

ハート + レシュキナ
ハート+レシュキナはアメリカ人写真家エリック・ハート(LA出身)とロシア人写真家タティアナ・レシュキナ(モスクワ出身)から成る、ロサンゼルスを拠点に活躍している二人組のビジュアルアーティストです。彼らの作品は、芸術、ファッション、商業など多岐にわたっています。 2013年にコラボレーションを開始して以来、ヴォーグ、ニューヨークタイムズ、ユニクロ、ナイキ、フェンディ、ヒューゴ・ボスなどの広告やキャンペーンなどを手掛けています。

HART+LËSHKINA
Hart+Lëshkina are a LA based collaborative duo of visual artists, composed of American photographer Erik Hart (from LA) and Russian photographer Tatiana Lëshkina (from Moscow). Their work spans the contexts of art, fashion and commerce. Since beginning their collaboration in 2013 they have created editorials, campaigns and commissions for such clients as: Vogue, The New York Times T magazine, Uniqlo, Nike, Fendi, Hugo Boss etc.                                                  http://hartleshkina.com/