1 December 2017 - 28 February 2018

Marcelo Gomes

ブラジル人フォトグラファー・監督のマルセロ・ゴメスはニューヨークに拠点を置いて活動しています。アイオワ大学では政治学を学び、2000年に卒業しました。テクスチャーや古典的な構図を大切にしながら、フィルムの限界に挑戦することは、ゴメスの作品作りにおいて最も重要です。絵画や音楽からインスピレーションを受ける事もあります。
広告写真では、Apple、Stussy、Uniqlo、Tiffany & Co. 、Digawel、Nikon、Opening Ceremony、Mansur Gavriel、Levi’s、Frederic Malleなどのブランドの仕事を請け負った経験があります。
彼の作品は様々な雑誌で起用されています。

Marcelo Gomes is a Brazilian-born photographer and director based in New York City.
He graduated with a degree in Political Science from The University of Iowa in 2000.
Texture, classicist composition, and bringing his chosen medium (film) to the brink of failure are the main issues concerning Marcelo’s work. Painting and music are his biggest sources of inspiration.
Commercially, Marcelo has created work for brands such as Apple, Stussy, Uniqlo, Tiffany & Co.,Digawel, Nikon, Opening Ceremony, Mansur Gavriel, Levi’s, Frederic Malle and others.
His work and collaborations have appeared in the following magazines: The New Yorker, T Magazine (The New York Times), New York Magazine, Harper’s Bazaar, Brutus, Popeye, Ginza, Dazed and Confused, Double, Index, The Journal, The Last Magazine, Teen Vogue, Compost, The Wire, Sup’ Magazine, Modern Matter, W Magazine, Sang Bleu, The Fader, Inventory, Too Much, Noon, and others.

ENTER


Interview

—写真を始めたきっかけを教えていただけますでしょうか。

きっかけは、ニューヨークのIndex Magazineで働いていたときに写真を撮るようになりました。この雑誌で掲載されていた作品はどれも素晴らしくて、ヴォルフガング・ティルマンスやマーク・ボースウィックなどの才能のある写真家達が時々撮影しにくるので、交流するのに良い機会でした。あのときの経験が今の私を形作っていますし、写真を撮り始めたいと思わせました。


—First off, will you tell us how you got into photography?

I first got into photography whilst working at Index Magazine here in New York. The photos in the magazine were fantastic and I got to meet many great artists like Wolfgang Tillmans and Mark Borthwick, who used to shoot for us and come around every once in a while. That was a formative experience and made want to start to take pictures.


—写真はどのようにして学びましたか。

写真に関してはしっかりと学んだ事がありません。アイオワ大学在学中は政治学を学んでいました。Indexで働く事が、私にとっては写真作品作りの基礎教育のようでした。あの環境に4年もいましたから。


— Where and how did you study photography?

I didn’t study photography — I graduated the University of Iowa with a degree in Political Science. Working at Index, however, was my ‘art school’ foundation. Much of what I know now is due in part to being in that environment for almost 4 years.


—あなたの写真は色に特徴があり、印象的ですが、作品に影響を受けた写真家や映画があれば教えていただけますか?


絵画や音楽の影響を受けることが多いです。My Bloody Valentineの「Loveless」というアルバムとの出会いは私の人生の節目です。作品作りにおいてテクスチャーの事を考える時は、このレコードを思い浮かべています。好きな画家は、ヴュイヤール、ボナール、ドラクロワ、変な色使いのゴーギャン、ブラック、マンチーニ
、ジョルジョーネ、ハワード・ホジキンとか。
ブラジル人の写真家なのですが、マウロ・レスティフェの作品は素晴らしいです。ラフバー・シンの撮る写真も大変美しいですね。メット・ブロイヤーで今彼の展示をやっているのですが、あれは完璧ですね。レオス・カラックスの「ポンヌフの恋人」は好きな映画作品で、今でも僕の作品に影響を及ぼしています。


— The colors seen in your work gives a strong impression and uniqueness. Are there any photographers or movies you were inspired by?

I’m inspired by music and painting quite a bit. My Bloody Valentine’s ‘Loveless’ is an influence and marker in my life. When I think about texture in my work I often think it began with this particular record. As far as painters go my favorites are Vuillard, Bonnard, Delacroix, weird-color-palette-Gauguin, Braque, Mancini, Giorgione, Howard Hodkin…
Mauro Restiffe’s photographs are incredible, he's a Brazilian photographer. Also the photos of Raghubir Singh are so so, so beautiful. There’s show of his work at the Met Breuer here in New York that is perfect. Leos Carax’s “Les Amants du Pont-neuf’ is one of my favorite films and it inspires me still.


—前途にあるように、あなたの写真は色が特徴的で大変美しく印象に残ります。作品制作(アサインメント含む)にあたり最も重要としている事は何ですか?

私の作品はテクスチャーに重点を置いています。サイズ感や、ぼかす量と情報量の配分がとても重要です。色に関してここでは説明しにくいのですが、自分が納得のいくサチュレーションにならなければいけません。感覚的にやっているので、説明するとなると難しいのですが。


—Your work is known for your use of beautiful colors. What is something you are careful about regarding the colors in your works? (Including assignments)

My work is a lot of about texture, so sizing, proportion between grain and information is very important. Regarding color, it’s very difficult to explain but there has to be the right amount of saturation in a way that simply makes sense to me. It’s a very natural process for me, color correcting my images, but one that is
very difficult to communicate.


—ティファニーやアップルなどコマーシャル中心の仕事をされており、広告の仕事の際、制約があると思いますが、どのように作品のテイストを維持していますか?

コマーシャルな仕事は体験したことのない制約や挑戦があるので好きです。問題解決が好きなんですね。制約は大歓迎で、自分の能力を試したりできることに楽しさを見出しています。

—You do some commercial work for Tiffany or Apple and you must experience some restrictions when working with your clients. How do you maintain your unique taste in your commercial works under those restrictions?

I really like commissioned work because of new constraints and different challenges. It’s problem solving and it’s fun for me. I welcome the constraints and out of these constraints I sometimes am able to go places with my work that I wouldn’t have been able to go if I hadn’t been pushed by this new set of problems.


—日本に来た事がありますか?日本に来たら行ってみたいところはありますか?

日本には4回ほど行った事があります。とても気に入っていて、毎年来れるといいなと思っています。実は一度も東京から外へ行った事が無いので、夏の沖縄でなにかアサインメントでもやりたいですね。


—Have you ever been to Japan? Where would you like to visit if you ever visit?

I’ve been to Japan 4 times. I absolutely love it and wish I could come at least once a year. Unbelievably I have never left Tokyo, so I dream of an assignment in Okinawa in the summer time.


—日本で好きな写真家はいますか?

ホンマタカシがとても好きです。


— Do you have a Japanese photographer that you like?

I like Takashi Homma’s work very much.


—ブラジル生まれと聞いていますが、MARCELOさんおすすめのブラジル写真家を教えていただけますか?

マウロ・レスティフェとアレール ゴメスです。


— We hear that you are from Brazil. Will you tell us a few Brazilian photographers that you are interested in?

Mauro Restiffe and Alair Gomes.


—アナログのテイストの写真ですが、どのようなカメラを使用していますか?

ライカのM6と5種類のレンズを使っています。


—Your works have an analog feel to it. What kind of camera do you use?

I shoot with a few Leica M6s and 5 different lenses.


—MARCELOさんの作品制作において一番重要視していることを教えていただけますか?

一番大事なものはよく変わるのですが、現時点ではテクスチャーを大切にしています。作品を編集しているときに一番気にしている事です。ただ、それより気にしている事は誠実さとユニーク性です。


― What do you consider is the most important thing when creating your works?

The most important thing for me changes, right now all I can think about is texture. It’s what informs a lot of my decision making whilst editing my work. An overarching concern is sincerety and uniqueness.

Marcelo Gomes
ブラジル出身の写真家マルセロ・ゴメスは、バスケットボールの奨学生としてアイオア大学政治経済学部に入学する。これが彼にとって渡米のきっかけとなった。その後フォトグラファーとしてMark Bothwickのアシスタントを経験し、独立後はファッション、カルチャー誌での活動に限らず、TIFFANY&Co.やApple、UNIQLOなどの数々の広告写真も手がける。彼の写真は、バックグラウンドである南米のテイストが色濃く反映され、独特な色彩や躍動感が印象に残るものが多い。自分らしさを見せる瞬間を追求し、色とりどりのヴェールを重ね合わせるように作品を仕上げていく。

Marcelo Gomes
Brazilian photographer, Marcelo Gomes, has a unique background of entering University of Iowa on a basketball scholarship, which became his first opportunity to come to America. After graduation, he joins INDEX Magazine in New York and this experience inspires him to become a photographer. After working as an assistant for Mark Bothwick, he becomes independent and worked for fashion and culture related magazines, companies such as TIFFANY&Co., Apple, or UNIQLO as a commercial photographer. His works reflect his South American background in his vibrant choice of colors and lively movement. As if layering colorful veil after veil, carefully constructs a piece of work. He constantly strives to find a way to make his eccentric style work. We love to have the opportunity to introduce him in Japan.