1 September - 30 November 2017 

Chris Rhodes

1986年生まれのクリス・ローズ氏は、マンチェスター・スクール・オブ・アーツで写真を学びました。その後、数人の有名フォトグラファーに師事しましたが、彼の作品はストリートや日常にフォーカスされ、よりファインアートフォトグラファーとしての要素を強く感じさせます。イギリス国内では数々の賞も受賞しており、彼が手掛けたグッチ、バーニーズ・ニューヨーク、ミュウミュウなどの広告においてもその個性を色濃く見ることができます。

彼の視点は常に日々の風景の中の些細なことに向けられていて、そこから自分の世界観を探す作業を基に作品が作られているように思われます。彼はメンフィスから東京に旅をしますが、彼のグッチの広告の仕事は、東京の日常を取り入れたものが反映されています。今後の彼の作品の方向性が楽しみで、ぜひ日本でも紹介したい写真作家の一人です。


Chris Rhodes, born 1986, studied art in Manchester School of Arts. Although he assisted few notable fashion photographers after graduation, his artworks focuses on streets and daily life − characterizing him as more of a fine art photographer. He has won several awards within England, and worked with many renowned fashion bands such as: Gucci, Barney's New York, Miu Miu. His unique style is strongly present even in his commercial work.

His puts focus on the subtle details within daily life, looking for subjects that work with his sense of beauty. Chris travels around different countries, but the commercial work for Gucci is reflects the daily life in Tokyo. He is one of the photographers we love to introduce in Japan. We are excited to see more of his works in the future.




ENTER

Interview

——写真を始めたきっかけを教えていただけますか?

父の古いペンタックスカメラで撮影し始めました。出来上がった写真をみて、もっと実験しようと思いました。アンリ・カルティエ=ブレッソンに影響されたこともあり、最初は白黒写真に没頭していた。でも、ジョエル・スタンフェルドの展示で『Walking the High Line』を見てから全てが変わりました。写真の学士をマンチェスター・メトロポリタン大学で撮っていた頃、カラーで撮影するようになりました。卒業後はロンドンへ移り、様々なファッションやアートフォトグラファーのアシスタントとして6年間働きました。


——Where/how did you start photography?

I started making photographs on my fathers old Pentax camera. Inspired by the results. I decided to experiment future. I was quite conditioned to black and white photography, very classic - the works of Cartier-Bresson where of course early inspirations. However, when I saw the Joel Sternfeld exhibition 'Walking the High Line'. everything changed… I began making colour photographs during the time I studied my Photography BA (at Manchester School Metropolitan, England). After graduating I moved to London where I worked as a photographers assistant for 6 years for various fashion and art photographers.


——あなたの作品の世界観は非常に良く伝わりますが、撮影をする被写体を決める時に重要なもの、ことは何ですか?

写真を撮るときは衝動的であり直感的なので説明することが難しいです。どんなものに出会うかわからないまま撮影に行きますが、計算なしに撮っている訳ではありません。どういったものを撮るかはだいたいわかっていて、それを頭に撮るものを探しにいきます。いつもは気にも留めないのに、その日何らかの理由で惹かれたものを被写体にします。日常にある何気ない品物や風景が形や色彩として心をかき乱すイメージに昇華される瞬間に魅力を感じます。


——Looking at your works, we can almost tell what you are imagining in your head. But we would like you to tell us, what is an important factor when choosing your subjects when you take your photographs?

I can't explain that feeling, its completely impulsive and instinctive. The pictures are not completely unplanned because I don't know what I am going to stumble upon, but I definitely know what I'm looking for. I find myself almost scanning (up and down) for things and then I'll stop and take the picture perhaps a picture of something you've seen before but for some reason on that specific day you stumble upon it again it catches your eye. I appreciate the transformation of trivial objects or daily scenes into more unsettling visions of shapes and colours.


——写真の作成においてインスパイアされた写真家や映画など教えていただけますか?

有名なカラー写真家のウィリアム・エグルストンやステファン・ショアから刺激を受けました。また、マーク・コーエンやピーター・フレイザーも作品作りの上で影響を受けています。ただ、今は何よりもアーカイブ写真に興味があります。


——Are there any photographers or movies that inspires you when you create your works?

The obvious American colour pioneers such as William Eggleston and Stephen Shore. The works of Mark Cohen, and Peter Fraser have also been influences on my practice. However at the moment I am more interested in archive photographs than anything else.


——グッチやミュウミュウなど大変クリエイティブな仕事をしていますが、広告等のコマーシャルの仕事の依頼を受ける際はどのように受ける・受けないの判断をしますか?また、コマーシャルの仕事の場合、制約は多かれ少なかれあると思いますが、どのように考えて仕事を進めますか?


もちろんときには妥協はしますが、私のスタイルを気に入ったクライアントからの依頼が多いです。もちろん制約はあるのですが、自分の世界観が強く出るようにしています。


——We can see that you do a lot of commercial work for brands such as Gucci or Miu Miu. How do you choose your job? Also, how do you approach requests made by your clients? Would you work within the given restriction or try to go fourth with your view.

Sometimes of course you comprise, however my clients tend to work with me because of my personal approach to photography. Obviously there are restricting factors to work within, but I always make sure I allow my personal view to be prominent with the image.


——あなたの作品の中に日本の古い家屋や女性の写真などありましたが、日本の文化や写真家等の影響を受けたことはありますか?また、好きな写真家はいますか?

たくさんいます! 数人挙げるとすると、秋山亮二、佐内正史、深瀬昌久、東松照明、須田一政です。


——We saw you took photos in Japan as well. Especially the one of the Japanese house, or the lady who has her back turned to the camera. Have you been inspired by Japanese photographers or the culture? Is there any Japanese photographer that you like?

There are so many! To name a few - Ryoji Akiyama, Masafumi Sanai, Masahisa Fukase, Shomei Tomatsu, Issei Suda.


——今後、コマーシャルの仕事と写真作家としての作品制作でどちらに重点をおいてやっていこうと思っていますか?

現在は良いバランスでコマーシャルも個人の作品もこなしています。幸いにも写真の仕事で海外に行くことができるので、仕事の傍ら作品の制作も出来ています。最近は夏の間に作品作りをしていることが多いです。


——You seem to do a lot of works both as a fine arts photographer and commercial photographer. Which side as a photographer do you plan to put more weight on?

For now I am able to balance between both commercial and personal work fairly easily. Luckily I travel with photographic commissions so I am able to make personal work along side the commercial work. Nowadays, I tend to spend the summer months working on new photographs for myself.


——ロンドンを拠点に活動されているようですか、自国のイギリスでおすすめの写真家を教えていただけますか?

ピーター・フレイザー、クリス・ショー、ステファン・ギルです。


——You are based in England, are there any English photographer you would like to recommend?

Peter Fraser, Chris Shaw, Stephen Gill.


——構図は特徴的ですが、こだわっていることは何ですか?テーブルの端を入れたり、被写体をわざと切り取ったりと、まるできれいな切れ目を入れるかのように構図を作っている印象があります。

構図は直感ですぐに作ります。撮りたいと思うものは見たらすぐにわかります。あまり深く考えることはなく、気が散ってしまう前に撮影してしまいます。


——Your works have an eye-catching composition, as if making a clean cut through the picture. Using things like edge of tables, or even cutting off the subject. What do you be careful when you create composition in your works?

The compositions develop quickly and instinctively. I know as soon as I've seen a photograph that I want to make it. It doesn't take much deliberation. If I wait too long I have lost interest.


——様々な国を旅行していますが、どの国に行かれましたか?また、インスパイアされた国はありますか?


特定の場所よりも日常生活に関心があります。旅行をすることは私の作品にとってとても重要です。異国を訪れるとき、その土地に対する偏見をある程度持っていることに気づいている場合もありますが、実際に行ってみないと本当のことはわからないですよね。旅行は私に視覚的な刺激を与えてくれます。リフレッシュできます。また、小さい頃からアメリカの文化に興味があります。アメリカ国内にはいろいろな場所に親戚がいて、家族旅行でよく行きました。車の後部座席の窓から、エグルストンやショアーの作品に出てくるような風景を何時間も眺めていました。この経験は彼らの作品と土地との関係性を再発見するきっかけになりました。


——You have travelled several countries, which countries have you visited and were there any that inspired your works?

I am inspired mostly by daily life, rather than specific places. Traveling is an important factor in my work. You are aware of certain cliche´s before visiting a country / place, but until you actually get there, it's hard to know what to expect. Traveling allows me to experience new visual stimulation for the first time. Its refreshing. Saying that, I have always been interested in American culture since I was child. I used to go to America with my family. I have family different parts of the country. I'd spend many hours in the back of a car looking out of the window, seeing those pictures from photographers like Eggleston and Stephen Shore, made me rediscover those connections within their photographs.


——日本で撮った背中を向けている女性の写真に非常に興味があります。写真を撮ることを決めた決め手は何ですか?


とても衝動的な出来事でした。私は素早く撮影するので基本的に被写体に気づかれることはありません。ときどきお願いして写真を撮らせてもらうこともあるのですが、ある種の繋がりが出来てしまった頃にはその瞬間は過ぎてしまっていて、写真の誠実さが消えてしまいます。あの瞬間はノスタルジックな雰囲気を醸し出していた女性に瞬時に心を打たれました。


——The photograph you took of the Japanese lady with her back turned to the camera interests us. What made you decide to take her picture?

It was fairly spontaneous. I work very fast so most of my subjects are unaware I have photographed them. Sometimes I will stop and ask to take a photo, but as soon as a connection has been made, the moment has passed and the photography no longer enjoys the same authenticity. I was instantly struck by the lady, she held a very nostalgic presence.

クリス・ローズ
クリス・ローズ(1986年生まれ)は英国・マックルズフィールド出身のファインアートフォトグラファー。2008年にマンチェスター・メトロポリタン大学写真学科で学士を取得後、ロンドンへ移住し現在も拠点としている。卒業後、名だたる写真家のアシスタントを6年間勤める。彼の作品は日常の風景やその普遍的な部分に注目し、彼の周辺にあるものを直感的に、繊細に切り取る。彼の作品は様々な作品展や出版物で紹介されている。

Chris Rhodes
Chris Rhodes (b.1986) is a fine art photographer from Macclesfield, England. He graduated with a BA (Hons) degree in photography at Manchester Metropolitan University in 2008. Shortly after graduating he moved to London, where he lives and works now. He then spend the next 6 years assisting various renowned photographers.His practice reflects on our daily landscape and its trivial qualities, photographing his surroundings instinctively and extensively. His work has been featured in various exhibitions and publications worldwide.